初めてのカードローン

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/cardloan

過払い金について

■グレーゾーン金利とは■


グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
大きな社会問題となったため聞いたことがある人が多いでしょう。
この問題によって多くのサラ金会社が倒産に追い込まれることとなりました。
現在でもテレビコマーシャルで法律事務所による過払い金請求のコマーシャルが流れていますが、この過払い金にもグレーゾーン金利が大きく関係しています。
サラ金が融資を行う際の利息は実は法律で厳しく定められています。
そのため、サラ金がかけることの出来る金利には上限があり、それを上回った場合には違法と判断されるのです。
しかし、法律には利息制限法と出資法という二つの法律があり、そのことがグレーゾーン金利をうむ原因となったのです。
利息制限法では上限利率を元金に応じて15%、18%、20%と定めており、これ以上の金利で貸し出しを行った場合には民事上の効力が無効になると定められています。
一方の出資法では当時29.2%を越える金利で融資を行った場合には刑事上の罪に問われることが決められていました。
つまり20%から29.2%までの間の金利であれば、融資を行ったとしても刑事上の罰に問われることがなかったのです。
このような金利のことをグレーゾーン金利といいます。
しかし、裁判によってこのグレーゾーン金利は適用が認められないこととなり、ほとんどのケースで過払い金の要求があった場合には返金を行うことが必要となりました。


■過払金とグレーゾーン金利■


消費者金融で一番の問題は高金利です。
高金利の為に返済に行き詰ってしまうケースが多数見受けられます。
元金プラス普通の金利なら返済できたのだがという話が少なくありません。
これでも消費者金融の金利は2006年12月の改正貸金業法によって随分改善されました。
かって消費者金融では年利29.2%〜29.28%が当たり前でした。
例えば、100万円を出資法上限金利である29.2%で借り入れし一年間全く返済しないと約29万円の利息が生じます。
消費者金融の金利は出資法の上限金利を超えることはないが、利息制限法の金利は超えていました。
利息制限法の金利は10万円未満20%、100万円未満20%、それ以上は15%です。
出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の差がグレーゾーン金利です。
このグレ-ゾーン金利に過払金という問題が発生しています。
過払い金は本来支払うべきものでないにかかわらず、貸金業者に支払い過ぎた利息のことです。
過払い金が発生している目途は、借入期間が5年以上で金利が18%を超える人です。
この金利の返還を求める請求を弁護士や司法書士が盛んに行っています。
過払い金返還請求は個人でもできますが、借入返済が頻繁にある場合は「引き直し計算」(債務者から開示された取引履歴により利息制限法の上限金利で金利の計算をし直すこと)が難しく専門家に任せた方がよいでしょう。
以前消費者金融や信販会社から借金し既に完済している人にも、10年の時効にかからない限り過払い金の相談をする価値はあります。


■過払い金を請求する■


過払い金という言葉は、最近、耳にする機会が多いです。
では、過払い金とは何の事をいうのでしょうか。
消費者金融やクレジット会社からキャッシングするとき、本来なら利息制限法に定められているように、10万円から100万円までのキャッシングについては、利息の上限が18%と定められています。
しかし、利息制限法に違反しても、罰則はありません。
でも、出資法では、金利の上限が29.2%と定められており、出資法に違反すると罰則があります。
そのため、罰則のない利息制限法の金利を超え、罰則のある出資法の金利を超えない範囲での利息、いわゆるグレーゾーンと呼ばれる金利で貸し出しをする貸金業者が多かったのです。
しかし、当然ながら、利息制限法で定められている金利以上の利息部分は、払う必要のないお金です。
そこで、払いすぐてしまった利息の部分を返してもらうよう、請求する権利があります。
それを過払い金請求と言います。
全てのケースで、過払い金請求ができるとは限りません。
借り入れ金額と期間によっても違ってきます。
しかし、もし払いすぎてしまった利息があるのであれば、請求しないと損です。
過払い金があれば、払いすぎた利息分は、借入金の元金に充当できるので、毎月の返済も楽になります。
弁護士や司法書士に相談し、まず、自分の借り入れに過払い金があるかどうか確認しましょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000273481/p11776524c.html
カードローン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大手消費者金融

■プロミスについて■


プロミスは以前はブランド名であり、会社名であったのですが、現在ではカードローンサービスのブランド名です。
社名はSMBCコンシューマファイナンス株式会社という名前です。
SMBCという事からもお分かりかもしれませんが、三井住友フィナンシャルグループの一員になっています。
その他の特徴についてですが、先ずは金利です。
プロミスの金利は6.3パーセント〜17.8パーセントとなっています。
この利率であれば負担感が少なく借りる事が出来るのではないでしょうか。
また、利息ゼロでの融資サービスがあります。
この利息ゼロ融資サービスはプロミスポイントサービスにお申し込みされた場合に30日間利息ゼロとなるサービスです。
ちなみに最大貸出枠は300万円となっております。
この位あれば多くの方は不安なく借入する事が出来る規模なのではないでしょうか。
また、借入が出来る場所ですが店舗や店舗ATMの他に三井住友銀行をはじめとした提携銀行のキャッシュディスペンサーやATMでのご利用が可能になっています。
それからコンビニエンスストアなどでも借り入れや返済が可能です。
周囲が気になる方にとっては見逃すことのできないポイントですね。


■消費者金融アコムのキャッシングの魅力■


大手消費者金融のアコムは、現在では三菱UFJフィナンシャルグループの子会社として営業を行っています。
消費者金融の業者が、メガバンクの傘下に入るというケースは、現在の主流となっており、消費者金融業界のブランドイメージを高める効果が発揮されています。
アコムは、キャッシングと呼ばれている個人向けの小口の融資を行ってきた業者ですが、現在ではACマスターカードというクレジットカードの発行も行っており、信販系としても力を入れています。
元々専門に行っていたキャッシングも融資の枠が大きくなっており、最大で500万円まで利用可能という内容になっています。
アコムが行っているキャッシングの利率は、4.7パーセントから18パーセントとなっており、利息制限法の範囲内に設定されています。
無担保で保証人なしで申し込む事が出来る上に、即日融資が期待できるという点は変更されていません。
以前よりも利用しやすい形態へと改善されています。
アコムといえば、むじんくんと名付けられた店員と顔を合わせないで申し込みを行う事が出来るカプセルホテルのような形状の無人審査機が有名です。
現在でもむじんくんは健在ですが、それに加えてパソコンや携帯電話からの申し込みも行えるようになっています。
自宅から誰とも顔を合わせることなく融資の申し込みを行える上に、その日のうちにキャッシングできる事が可能となっています。
インターネットにおいては、融資が可能であるかどうかを3秒で審査するという簡単審査というサービスも行われており、申し込む前に審査の合否の目安が付けられるというところも魅力となっています。


■モビットは系列が変わりました■


現在、消費者金融の人気ランキングの上位に入る企業に「モビット」があります。
最近よく宣伝をしていますが、創業はまだ新しく2000年です。
モビットは本来三菱東京UFJ銀行の系列ですが、三井住友グループのプロミスが株式を保有しているという変わった経営環境にありました。
しかしながら、2013年にモビットの中核事業である「個人向け無担保ローン事業」は三井住友グループが引き継ぎ、三菱東京UFJグループは「保証業務」を行う形で棲み分けされました。
モビットは金利が4.8%〜18%、貸出限度額が500万円になっており、消費者金融の中では最低金利が低めで、貸出限度額は大きい部類に入ります。
キャッシング契約の申込方法は多く、パソコン・携帯・スマホ・FAX・郵便・電話・自動契約機のどれでも可能です。
さらに、インターネットと電話から申請すると、借入金を自分の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。
なお、モビットではキャッシングの返済期日を5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。
口座引落日も同様に前記の中から選べます。
ちなみに、振込の場合は返済期日前に返済することができますが、口座引き落としの場合は決められた日に決められた金額が引き落とされるため、消費者金融のメリットである日割計算の利息を生かすことができません。
ところで、モビットの特徴となっているのが、会員専用・インターネットサービスの「Myモビ」です。
Myモビから申請すると最短3分で銀行口座に振り込んでもらえたり、借入残高や利息額などの借入内容が確認できたり、利用明細書や領収書をインターネットからダウンロードできたりします。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000273481/p11776523c.html
カードローン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

サラ金・違法金融にまつわる注意点

■危険な悪徳業者■


一般的に悪徳業者は多重債務者や自己破産経験者など、困っている状況にある人の弱みにつけこんできます。
金利に追われて困っていた時に、偶然舞い込んで来るとてもうまい話が記載されたダイレクトメール。
このようなものに自分の状況を改善できるだけの融資可能額が印刷されていたり、自分の今の状況を一気に打開できるような内容が記載されていると、普通の心理状態であれば不信感を抱くものですが、お金に困っている場合だとついその話しに乗ってしまうのです。
悪徳業者に繋がる可能性が最も多いのが紹介屋です。
多重債務者や自己破産経験者など、一般的に消費者金融の審査が通らない人のみをターゲットにしてきます。
融資が出来る店を紹介する、というような事を持ちかけてきます。
融資を受けられた場合高額な紹介料を請求してきます。
どれだけ金銭的に困ったことになっていても、悪徳業者には絶対に手を出してはいけません。


■消費者金融と、違法金融はどこが違うの?■


貸金法が改正されて、消費者金融への規制が厳しくなった陰には、グレーゾーン金利によって、自己破産などの経済的困窮に陥り、生活保護に走る利用者を減らしたい、ということのほかに、「違法金融を取り締まりたい」という国の思惑があったようです。
ところで、「違法金融も、消費者金融なんじゃないの?」と思われている方も多いのではないでしょうか?広い意味で、銀行や質屋さん以外の金融業という意味では、確かに「違法金融」もいわゆる「町金」の一つといえます。
ただ、正規の消費者金融業者がきちんと営業許可を取り、業者としての国の登録を行って合法的な取引を行うのに対して、違法金融にはそれがない、という特徴があります。
簡単に言えば、無許可営業ですし、金利についても法律上の規制は守りません。
一昔前、違法金融と言えば、それこそ、暴力団がかかわっているような、いかにも筋モノといった感じのイメージでした。
少年漫画などに出てきそうな、ノーネクタイでシャツの襟から金鎖のネックレス、腕にはロレックス、サングラスにオールバック、ほほに傷、なんて感じの「怖いオニイサン」は、すでに昭和の遺物。
今どきの違法金融は一見してヤミと分かるような雰囲気ではありません。
また、少し前と比べ、対応もソフトになって、「高い金利で長く利用してもらおう」というタイプの軽絵が増えているため、『ソフト闇金』という名前で区別されていたりします。
そのくらい、最近の違法金融は、本物の消費者金融と比べて区別がつきにくくなっているという怖さがあるようです。


■クレジットカードの現金化に注意■


サラ金でお金を借入する時には、審査が必要になります。
ただ審査は誰でも通れるわけではありません。
様々な理由から通ることの出来ない方もいます、また時間的な問題で審査を受ける暇がない場合もあります。
それで仕方なく、クレジットカードの現金化を利用する方がいます。
これはクレジットカードのショッピング枠を利用してお金の借入れを行う方法です。
通常、ショッピング枠は商品を購入する場合のみ利用出来ます。
ですが、現金化を使えば現金を手に入れることが可能となります。
仕組みは現金化のサービスを提供している会社の指定する商品を購入し、それをその会社が買い取る様なイメージを持ってください。
そして、その販売と買い取りの差額が現金化を行っている会社の利益となります。
この場合、利用者はショッピング枠を使って買い物をしているだけなので返済時に適用される金利などは通常のショッピング利用と同じです。
1回払いであれば金利はかかりません。
サラ金利用よりも低い金利が適用されますし、審査が無いのです。
現金化を行っている会社は質屋の様なモノなので、そこで実際のお金を貸しているわけではありませんので、審査は不要なのです。
しかしこの使い方はクレジットカード会社は禁止していることがほとんどで、ばれてしまった場合利用停止になったり事故情報になります。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000273481/p11776521c.html
カードローン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

カードローンのよくある疑問

■サラ金のキャッシングは、本当に「即日」か?■


詳しく調べてみると、「まったくの誇大広告ではないし、間違ってはいないけれど、即日のためには一定の条件がある」という方が正確に事実を示しているといえそうです。
まず、キャッシングを受けるためには時間帯が重要です。
キャッシングは原則的に指定口座への振り込みによる取引がほとんどなので、午後の申し込みの場合は、金融機関との兼ね合いで、翌日融資になってしまう可能性があるからです。
また、金額については、最大50万円程度が上限となっていて、それも、年収が借り入れたい金額の3倍以上、更に他のサラ金から借り入れがない場合という条件が付きます。(サラ金プロミスの条件より)
貸金業法の改正で導入された総量規制によって、年収の1/3以上の借り入れはできなくなっていますから、これらの条件をクリアできない場合は、自動的に借りられる金額は減るとみてよいでしょう。
更に、審査の問題もあります。
もし、無職であったり、専業主婦で無収入であったりする場合は、基本的に申し込んでも審査を通過できない可能性が非常に高いと思われます。
パート収入や派遣労働の場合でも、正社員よりは厳しいといわれているようです。
一方でサラ金は金利が高いことも知られています。
広告などでは最低金利を大きな文字で印字してあるため、そちらが適用されるようなイメージですが、実際は特に初めての取引の場合、もっと高い金利が適用されます。
こうした点も利用を検討する際に、十分頭に入れておくべきことだといえます。


■外国人でもカードローンは作れる?■


日本人ではない外国人の人がカードローンを作れるかどうかは、国籍などは一切関係ありません。
外国人がカードローンを作るのに必要なことは、日本人の人が申し込んだ場合と同様、その人の信用実績が大きく関わってくることになります。
外国人の場合、日本での勤務実績、滞在日数、安定した収入の有無などが審査に大きく作用してきます。
日本人であればおそらく国内に永住していて住所などがはっきりしていますが、外国人の場合は日本に滞在している期間があまりにも短い場合、カードローンの発行が出来ない場合があります。
これは使用中に本国へ帰ってしまった場合、支払いが滞っても返済をしてもらえなくなる可能性が高いからです。
勤務実績も重要で、日本で勤務した実績があまりにも短い場合には、収入の安定性にも疑問が芽生えてしまうため審査を通過できなくなることがあります。
勤務実績などは日本人の場合も同じですから、外国人だからというわけではありません。
以上のように、滞在日数が長く、勤務実績・収入の安定がしっかりしていれば、外国人の場合でも問題なくカードローンの作成が可能になると言えるでしょう。


■延滞したら取り立てに来る?■


キャッシングから借りたお金を返済しなければ当然、業者から取り立てがあります。
ただ、現在は貸金業法や金融庁のガイドラインによって厳しい規制が導入されているため、脅迫めいた取り立てはありません。
始めに、業者の女性スタッフから携帯電話に未入金の案内があります。
案内を受けても返済をしないでいると、回収担当の男性スタッフから電話が入ります。
原則として携帯電話に掛かりますが、仮に自宅に掛ける場合も業者の名前を出すことはなく、必ず担当者の個人名を名乗り、家族に対して督促の連絡であることを伝えることもありません。
なお、勤務先に電話することは法律で禁止されています。
電話をしても返済の無い場合は業者名を伏せた督促のハガキを出すようになります。
また、利用者が一人住まいの場合は訪問することがあります。
訪問する場合は時間が限定されており、プライバシーを侵害する行為は厳禁となっています。
最終的に裁判所に督促の申立をすることもありますが、よほどの高額な借入残高でもない限り、費用対効果の観点から訴訟を起こすことはありません。
しかし、借金を返済しない限り事故記録が永久に保管されるため、借入どころかカードローンも利用できなくなります。
返済が滞る場合は業者に相談するのが賢明です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000273481/p11776520c.html
カードローン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

初めてのカードローン

■正しい認識があれば恐れることはない消費者金融■


今はテレビコマーシャルも含め、クリーンで明るい印象になりました。
銀行グループに入っているというだけで安心感が違います。
自覚を持って計画的かつクリーンな取引ができる客に対しては、当然ほかの企業のあらゆるサービスと比較しても劣ることなく親切丁寧です。
親身になって話を聞いて貰えますし、困った時には手を差し伸べてくれる頼もしい存在となります。
急な出費で困るということは、正しく生活している人でも勿論起こり得ることです。
安心を先に借りるためにカードを1枚作っておくのもまた、生きるうえでのひとつの方法ではないでしょうか。
気軽になったとはいえ借金は借金ですから、当然、審査は踏み込んだものとなります。
会社により異なりますが、年収や居住年数、家族構成などプライバシーに関わる情報の提示は必要ですし、他社の借り入れ状況や件数なども調べられます。
信用情報ですから当然です。
借り入れ額よりも件数や職業がネックになる場合もあります。
審査が通るかどうかは不安要素のひとつですが、インターネットである程度のシュミレーションが可能です。
自分の経験では希望額の8割程度が多かったですが、中には余裕で上回ったことも。
事故がなくきちんと取引をしていれば順調に枠は大きくなりますが、問題があればカードは返済専用となり、当然他社でも借りられません。
厳しい世界ではありますが、これまでの取引の状況に応じて柔軟な対応をしてくれる場合もあるので、黙っておらず早急かつ正直に現状を話すことが大切だと思います。


■店舗の設置箇所が長い間、変わらないのは信用のある証拠■


消費者金融が利用者を苦しめた過去があります。
例えば、貸し出しは簡単で、返済不能者に対する請求は自殺に追い込むほど厳しい、金利がグレーゾーン一上限の高利であった、と言うような例です。
現在は消費者金融法の改正を契機に、本当に利用者のためになるカードローンに変わってきました。
例えば年間収入の3分の一が貸出限度額に改正された、グレーゾーンの高金利は違法、というような改正です。
このような方の改正及び、グレーゾーンの高金利で貸し出したものは過去にさかのぼって、過払いとして利用者が払戻請求ができるようにしたことで、過去のクレジット会社の多くは、撤退してしまいました。
街の至る所にあったのが殆ど見かけなくなったように様変わりしています。
そんな経過の中で、プロミスの店舗は過去と同じ場所にあります。
全ての店舗を確認していませんので、ほんの一部の例かも知れません。
それにしても、色々なことがあり、同業の多くが店舗を変えるとか、既になくなっているのに、長い間同じ箇所に設置されていると言うことは、その会社の信用を証明する一つのバロメータと言えます。
カードローン会社の名誉にかけて、変わらないのはプロミスだけとは言いません。
他の会社も、きっと変わらない会社があることと思います。
ただし、変わらないのは店舗の設置位置だけです。
営業内容については利用者がより安心して、利用しやすいような営業内容に大きく変更されています。
厳しい社会環境にあって、そこに認められた会社が本当に利用者の立場を理解し、利用者に愛される会社になることでしょう。


■消費者金融は賢く上手に利用して、お得に使いたい■


消費者金融は、かつては高金利や厳しい取り立てなどで、ダークなイメージがありましたが、貸金業法の改正で、利息制限法の利息以上の貸付が罰せられるようになったり、貸付が年収の1/3までと規制されるようになったのでこれからは賢く利用すれば便利に使うことも出来るのではないかと思います。
メリットとして、審査に通れば短時間でお金を貸してくれるという点があります。
銀行などではかなり厳しい審査がありますし、時間もかかりますよね。
少額の借入なら、無担保、原則保証人も不要で口座開設できます。
審査スピードもかなり短く、振込み完了まで、約30分程度なんてところもありますよね。
急にお金が必要になった時には、助かります。
また、全国ネットが多いので、24時間申込や融資が可能な点も上げられます。
銀行のATMで休日におろすと時間外手数料がかかってしまいますが、消費者金融だと一定期間利息ゼロサービスを利用したとすれば、手数料をかけずに借りることも出来ます。
一定期間利息ゼロサービスは一見、利息がかからずに借りられてお得なように感じますが、利息ゼロサービス期間内に全額返済できなかった場合、利息ゼロサービス期間が終わった後の金利をやや高めに設定しているケースもありますので、注意が必要です。
期日までにきちんと返済しましょう。
キャッシュカードのキャッシングだと、支払日は一月に一回と決まっていたりしますが、消費者金融は支払い期日の他に、お金に余裕があればいつでも返済できるというメリットもあります。
消費者金融は賢く上手に利用して、お得に使いたいものですね。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000273481/p11776519c.html
カードローン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
カードローンをこれから利用する方や既に利用している方にも知ってほしい、カードローンの基礎知識をご紹介いたします。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 2 93
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック