leoma

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/leoma

ホームページの高度化と汎用性の問題

多くの人は一日一回はホームページを見ているのではないでしょうか。しかしそのほとんどは「利用する側」であり「作る側」ではないと思います。

利用する側はパソコン・スマートフォン・タブレットのどの端末で見ても普通に表示でき、いろいろな機能を使うことができているのではないでしょうか。しかし稀に表示が崩れていたり使えない機能があったりすることも。

そのようなことが起きるにはいくつかの理由があります。ホームページ作成する際に
はそれらを考慮して作る必要があるのですが、これがなかなか難しいのです。

まずは表示させる「ブラウザ」の種類が多いこと。

OSで言えばWindowsMaciOSAndroid OSがあります。さらにそれぞれにFirefoxSafariなどのブラウザが存在します。

厄介なことにそれぞれHTMLCSSの解釈に若干の違いがあります。これにより、あるブラウザでは綺麗に表示していても別のブラウザで見るとレイアウトがズレてしまったりすることがあるのです。

さらに同じブラウザでもバージョンの違いで表示が変わることもあります。

まず最初にぶつかる問題ですね。

次に
jQueryCMSHTML5など新しい技術が次々現れてくることです。

ブログのシステムはもちろん、何気なく見ている写真をスライドショーのように動かす仕組みや動画の再生にも新しい技術が隠されています。

実はこれもブラウザの影響が大きく、古いものでは再生出来ないこともあります。このようなページの高度化もインターネットでは必要なことなのですが、どこまで使うのか頭を悩ませる問題です。

世の中には常に最新版にしている人もいれば、古いパソコンを使い続けていて何世代
も前のバージョンを使っている人もいます。それら全てで同じ動作させるということはかなり難しい状況です。必ずどこかを基準にして考えることが必要になってきます。

ホームページ作成をする際には最新機能を盛り込み広めていく「高度化」と、どんな端末や古いブラウザでも扱える「汎用性」の両面から考える事が重要になります。

この先も前述のような問題が解決されない限り、ホームページ作成の負担は増えていくだけのような気がしてなりません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000106740/p11703499c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
近くの交通公園へ遊びに行ってきました
酒グセの悪い上司を土下座させる
うちの子供よりもお金がかかるマダム猫に驚きです
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
leoma
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 8 6733
コメント 0 8
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック