leoma

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/leoma

ビジネスホンの過去と未来

昔は手紙や電報で情報を伝達していたものですが、電話が普及されたことによって、人間は瞬時の情報交換を可能としました。手紙でも十分だったし、電報の時代だって文明の利器だともてはやされたでしょうが、電話が一般化したことで世の中には革命が起きてしまったのです。

 

もし世の中に電話というものがなかったら、会社はかなり損をしているのかもしれません。ビジネスホンという物を考えた時にも、もしこれがなかったら会社はかなりの損をしているんじゃないかと思います。内線外線で社内の各電話に通じるようになっていて、社内での通話を同時にすることができます。同じ時間に複数の相手と商売の話をできることで、儲けが拡大するということになります。もし電話が1台しかなかったら、一人としか通話できないわけなので、こうした仕組みはあってしかるべきです。どれだけ設けに差がつくかというのは、考えなくても分かることです。社員がいれば社員分だけ電話があることで、儲けられる確率は格段に上がってきます。だから電話というのは必要なものであるし、会社の規模が大きくなるほど電話の数も膨大になっていくのですね。

 

巨大な企業になるほど設置する電話の数が多くなるというのは、本当のことです。携帯電話の数も含めると、かなり膨大になってくるんじゃないかと思います。もちろん人が大勢いてこそ便利になるのが、電話というものです。

 

今後もビジネスホンを使ったビジネスの時代は続くと思いますが、一体どうしたら今より効率的なビジネスが出来るかは、ずっと課題になっているでしょう。いまより便利に使えるビジネスホンが登場してくる可能性はあります。むかし聖徳太子が一人で10人の言葉を同時に聞き分けたそうです。電話も同時通話というキーワードは重要になってきますが、コンピュータの性能が上がってきていますので、コンピュータの電話対応によって、人工聖徳太子対応みたいなことができる未来はあるでしょうか。

 

また、今後のビジネスに関しては個人情報の取り扱いも非常に大事になってくると思います。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000106740/p11586705c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
お盆休みにしたいこと
ワックスを用いる脱毛とそのやり方
今までやったことのない事を行なったおかげで…
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
leoma
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 5743
コメント 0 8
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック