そ ら に

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/sora-ni

逃げない

逃げない

逃げない?






友人の逃げないでがんばろう

とするブログに



私は

“こころが 逃げるのならば 逃がしてあげたい。

何度 来ても 逃がしてあげたい。

それが ほんとうに魂の 想いなら。”


こんなことを 書いていました。









先日 ある方に

あなたは なぜ 26才で人生を変えてしまったの?

って 言われた。
ちょっとしたリーディング。


言われた瞬間・・・ピンとこなかった

え?26才って

なんかあったっけ?





数日してふと
想い出しだ。

某大手広告代理店に入った頃だ。

12才で 貧困から抜けるためにデザイナーになる!
って決めて デザイン科へ 東京で専門学校へ
20才で卒業・就職 デザイナーとして歩み出す。

しかし なぜか

22才の時 田舎に帰ろうと決意

決意の理由は
「東京で幸せな人生のビジョンが見えなかったから・・・
この過酷なデザインの仕事をしながら、人らしく暮らせる気がしない」


親族に猛反対され 断念。 がんばることを決意。

成り上がるためにプロダクションを転々とし
入った外資系広告代理店
しかしこの流れでは これ以上の自分になれない!と
その条件を捨てて
某超大手広告代理店の地下室に籠もって
無給・無休で雑務をしながら
より高い知識と経験を得るために没頭した。
そこでさまざまな人達と出会い
経験を積み 広告代理店に正社員ではないけれど
デスクを置かせてもらい。広告代理店の名刺で商売をし
大手スポンサーの仕事をし 今もその時のスポンサーと繋がっている。


財産・人間関係・知識・そして自由
今の私があるのは
「無給でいいから働きたい」この決断があってのこと。
そう思っています。
すばらしいものを得た。
そう 確信しています。






しかし


ふと想う。





子供のころから夢見たデザイナーになれたのに
すぐに幸せなビジョンが描けなかった・・・
それが ほんとうの こころの声・・・だったら?

26才で そんな無茶しなかったら
そこそこの仕事に恵まれ
自分の好きな物を制作するスタンスで
生きてこれたのではないのか?
それとも デザインは趣味に変わり
もっと 違う仕事をしていたんじゃないか?
そうすると もっと 今の
幸せな私。
自由な私より

もっと 幸せで自由な私に なっていたんじゃないか?






・・・・・・・・・・・・・・





考えたからといって 答えが出ることではありませんよね。

だから 考えてないです








ただ 先日まで 
自分がこの人生を創り上げてきてよかった!
って 信じていたことが

その人生じゃなくても 良かった。

に 変わる瞬間。

そんなことも あるんだな・・・と






ひとは 冷静に自分を見つめているつもりでも

自分が創り上げたストーリー(一つの流れ)の中に生き
そのストーリーというフィルターがあることに気がつかない。
その中でストーリーの中のパーツを組み直しているにすぎない。

そういうものなんじゃないのかな?って





だから ほんとうに がんばるべきなのか
逃げないで進むことが 自分らしいのか・・・



やさしく おおらかに 自分をみてあげられると

いいですね。











先日 師 ゲリー・ボーネルに・・・

「いや〜 あなたは 真っ直ぐの道を
ぐねぐねぐねぐね 時間をかけて 進んできたね〜」

って言われてしまいました。

でも そのぐねぐねも 
私にとっては良かったことだと思っています。
経験がなければ伝えられないとも
たくさんあるから。







注:貧困という言葉がありますが 私はそう感じてはいませんでした。
  恵まれてました。
  文章を短くするために使っただけです。


こころ・スピリチュアル

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000006383/p10080568c.html
ヨガ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

初めまして
私も広告デザイナーの端くれを3年ほどしていました。
私も友達には逃げ道はここにあるから、逃げたい時は(゚∀゚)人(゚∀゚)仲間に話せばいいと逃げ道を作ってあげるのが友情だと思うのはまだ甘いからですかね(笑)

明石・加古川・姫路[ 金比羅さん ] 2009/03/19 10:51:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

話すことで自分を見つけられたら
それもいいですね^^

自分で 自分のことをちゃんと感じて
素直に動くきっかけをつくる。

お互いがそういう関係なら素敵ですね。

逃げることも 自分自身の選択




私は

逃げるか逃げないか・・・そのことよりも

逃げることは良くない!という 
社会性のフィルター・思いこみのフィルターを通して
生きていくことが
一番良くないと思うのです。
逃げることも選択なのです。

フィルターごしの 先の道は、未来は、
フィルターを外せば価値がないモノになる
変わろう と 思って動いても
先にとらわれて動いてしまうと
変わる前の延長でしかない。

そして

逃げる・・・っていらない
逃げない・・・という言葉さえも。

使う必要がない言葉なんだな。


逃げる逃げないより 正直か正直じゃないか
のほうが 今の私には しっくりきます。

[ そら ] 2009/03/20 6:43:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
しろやぎさんのアクセサリー教室
表参道で海Yoga
偶然のご訪問-アメブロより
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
そらイメージ
日々 わたしのままに 自然にいきること   
〈ヨガ・マクロビ・スピリチュアル・パワースポット〉
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 47469
コメント 0 5
お気に入り 0 1

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

外苑東クリニック
東京 人間ドック