雨は止みました

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/bluuuebell

もっと細い点を見て

昼ご飯を食べて、家に帰ってきます。満腹にならないと思っているので、ベランダの欄干の前に座って、本を見ていました。本も重んじて、どのみち好きな風格の散文集です。
暫くすると、なんだかちょっと「干」、まるで酒欠けピーナッツ、映画を見に欠けましたポップコーン。そこでやって来た枚の小さいベンチを置く茶碗やマグカップ、工面してまた衣類木凳の背もたれにも、簡単には別の1種の趣。このまま午後2時過ぎ、眠たいが来襲、家に帰って半時間寝てしまった。
て焼いたつぼの水、物憂げに茶碗に着替えた緑茶を拾い上げ、散文集を読んでて。思わず頭上げ、広州の空が降って、もし本を読むのに疲れた遠方を眺めたいが見られないね!この雨はきわめて細くて、より科学図書目録の上で言った分子、私と言えると雨は春雨精妙より来ても寸分も違わない、ゆっくり、それ長くなって糸状、相変わらず細い。
よく聞いて、何の音も聞いて、「潤は無声無声」。論点は、論点は鳥の声が聞こえた遠く、この声を促す時にする、高くて時には低く、鳴る時に瀋んで、途切れ途切れ、ちらちらしたり、滝のような、時に切切私语ように落ちたり、ウサギ鹘から。書くことはできません、聞くしかない、聞いたことができない、できない、頭の不足は、賛嘆の不足、賛嘆。
この声の軌跡について視線の足がかりを見つけて、無邪気に。私は視線をするしかない、ベランダの前までの木に、この木は約六丈が高く、一羽の小鳥が躍動している中、時々まだ出し」jia jia」の声がして、感じは私に証明しているその存在は、よりの喜びは、それはまた私をあけるでしょう。やがて私の視線は一羽の嫌いなものは取引が過ぎ、そのクソの小さい虫、夜うるさくて眠れない、私は本当に神様が私を手伝うことができたい時を――で大きい雨、水をそれを地上に突き進んで、でもずっと地下もっと解心の断固とした。
推して知るべし、神様は私を無視、雨もそうで、その虫がまるでないで力を震え上がら。私は怒ってもそれを見てから、それを瑟に行かせて。私を観察し始めました木の色、木も違う色の濃い緑ですね、ある、ある色が淺い。古人は「遠近高低がそれぞれ異なり」に描か廬山、私は言う「緑の深さに総ない」と形容が私の目の前の木、もし人を呼んでここに来て写真、本当に誤解される可能性もあり、テストでは絵師の技法ねぇ。
もっと細い点を見て、私はやっと発見明るい色の緑の葉はいつも長は濃い色の緑の葉の上に、彼らは、新しい伸びた。これは思わず想像で、それらが出る前にはない長い自分色、いくらかの時、緑の葉は緑に配る。しかしこの緑の明るい色の強制は、眼球、ゆっくりやっとまた緑になる。また、やがて、新しい葉が出てくる……
外から友人の呼びかけを伝えて、また帰ってくる時、雨は止みました。


もっと細い点を見て

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000259424/p11671107c.html
心情 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
bluuuebellイメージ
bluuuebell
プロフィール
雨は止みました
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 35
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[池袋] Female hoodl…

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック