優柔の眠気は

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/gmannnn

曲げないからね

モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」

はい。こんにちは。二階からドタドタ移動中、眉間に縦シワ、額に、ふっかい横三本ジワのじーじ。「たかすぃ〜!あれほど触っちゃなんねーっていっとったのにダ~メダァー。
アラ、ヨイヨイ♪」

子供・ピコたかし「パパ、じいちゃ通渠公司んがここへ来ちゃうよ。僕じーちゃんに怒られるの嫌だよ。じーちゃんは怒りだすとずっと怒ってるんだ。僕が謝っても、泣いたってやめないんだから。ピコ。ピコ。」

真打ち、主・パパ「うん。一回決めたことは曲げないからね。じーちゃんのプンプン怒った顔が浮かぶよ。どうするべきかな。」

子供・ピコたかし「パパ、どうする?早くしないと二階から見てたからもう、ここへ来ちゃうよ。ピコ。」

真打ち、主・パパ「そうだな、たかしは手で触ってないんだろう??」

子供・ピコたかし「触ってないよ。今、棒で挟んで土に埋めてあげようと思ってたんだから。ピコ、ピコ。」

ミミズのニョロ「あー、あー、只今マイクのテスト中。あー、あー。あのね、声を大にして言いたい。お二人さん、長い!話が長すぎるよ!本当に早くしてほしいのはこっちだ!乾燥した空中の中、宙ずり状態で棒っ切れで挟まれてる俺の事、お忘れでないかい?一刻を争う!水だ!土だ!お願いだ!」

真打ち、主・パパ「うーん。本当にミミズは銅鑼灣通渠死んでしまったのかい?」

子供・ピコたかし「うん、ダメみたいなんだ。悲しいけど…動かないしね。ピコ。」

真打ち、主・パパ「そうか…よし、わかった。パパが手伝うから裏庭からスコップ持っておいで。」

子供・ピコたかし「パパ、ありがとう!持ってくるね。ピコピコピコピコ、ピコピコピコ。」

私=モゴ「どうやらニョロの声はピコやパパには伝わらない…聞こえないみたいだね。」

ゲホ=語り部「少なくとも創世記の人間はこんなお粗末な事はなかったよ。ゲホン。」

私=モゴ「お粗末??どういうこと?」

ゲホ=語り部「人間は、ここに出てくる雲や太陽日本購屋、風とも会話していたのさ。
ゲホン。」

私=モゴ「出たね、イソップ、いやウソップ。」

ゲホ=語り部「いやいや、実際の話さ。遥か昔の記憶が蘇ったのかタイムトラベラーの教えか。それをヒントにグリム童話やイソップ童話もできたんじゃないかとさえ思うよ。ゲホン。」

私=モゴ「夢のある話も実際あった話かもしれないってことなんだ?」

ゲホ=語り部「そうだね。かもしれないぐらいに思っていてくれればいいよ。ゲホン。」

私=モゴ「君は短い命のはずなのに、いろんなことを知っているね。一体いつ学習してるんだい??」

モゴ=語り部「シャウド。話に戻ろう。ゲホン。」

私=モゴ「待って、待って。これだけ言わせて。記憶。そうでしょ?引き出しのように開けたり閉めたりできる魔法みたいな方法を知っているんでしょ?」

ゲホ=語り部「ぶぶー。違うよ。僕の先祖、ピーじーさんに聞いたんだ。前に言ったよね?忘れちゃったの?ゲホン。」

私=モゴ「もぉー、それは聞いてるけど。いやだなー、その夢のない話。」



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000259422/p11785794c.html
日记 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
作家活動をしています
顔がこわばっている
鳥たちに食べられ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
優柔の眠気は
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 992
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック