トラックのデコちゃん

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://harajuku.areablog.jp/decotra

昔も今もやることかわらなさそう

皆さんはステーキを切ったりするナイフが14世紀ごろまで先が尖っていていたのを知ってますか?


今のテーブルナイフは丸くなってますが昔は尖っていました。
その理由が意外なことです。
自分立てた仮説は怪我をしないようにとか人を刺さないようにとかかなと思いました。
でも正解はテーブルナイフを現代でいう爪楊枝の代わりに使用していたそうです。
この光景を見た14世紀頃のフランス首相がテーブルマナーが悪いと大激怒したらしいです。
首相の前でそんなことやるって相当度胸がありますね。
そりゃあ怒られますわ。
それでナイフの先を丸くしろと言ったのがきっかけで今のように先が丸くなったそうです。
ナイフを歯に挟まったものを取ったりするのに使うって面白いですよね。
たぶん先が尖っていたら歯にナイフを当ててる人がいると思いますね。

たまに爪楊枝がなかったら割り箸を2つに割って尖らせて爪楊枝の代わりに使ってる人とかも見たことあります。時代は変わってもやることは同じなんだなとちょっぴり不思議な気持ちになりました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://harajuku.areablog.jp/blog/1000256233/p11667869c.html
テーブルナイフ トラックバック( 0)

このブログトップページへ
ブログイメージ
デコトラに興味があり、少しずつデコり始めています。デコトラの先輩方のすごいデコトラの紹介や、デコテクニックの習得記録など。


外苑東クリニック
東京 人間ドック